柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(634)
(162)
(117)
(107)
(22)

ブログジャンル

犬
日々の出来事

画像一覧

梅雨入りにつぶやき

b0057675_20570824.jpg

ドタバタしている間は、あまりネット上を徘徊しないワタクシですが。
時間が出来るとアチコチサーフィンし、ブログによっては遡って読みまくります(^^)

てなわけで今日の記事は…。

先日のくますけさんのブログの記事「武器をさらば」を見て、ある子を思い出したので、その話を。


実は少々前に、以前犬相談を受けた事のある飼い主さんからメールを頂きましてね。
「つくしの笑顔…の前に。」に書いた、某欧米大型犬種のL君の飼い主さんです。

メールの内容は全然大した事ではなく。
ただ最後に「今、どれだけ自分と犬の暮らしが(物理的にも心理的にも)軽く楽しくなったか」という気持ちを書いてもらっていました。

そのちょっとした言葉が本当に嬉しくてですね~(^^)
メールを見ながら、ひとりで不気味にニンマリしたものです。

そうそう、面白い話があったんでした。
ワタクシが3度目の訪問をするチョイ前だったか…その子が久しぶりにサロンに行ったらしいんですが。
受付風景を見てなかったサロンのスタッフは、その子が同一犬だと判らなかったそうですよ~~わはははは!!
以前とは打って変わって、すっかり落ちついて穏やかな「別犬」だったらしいです(≧▽≦)

b0057675_20595522.jpg

で、その子がですね。
ペンチカラーをつけいてたのですワ。

実は途中まで知らなかったのですよ、毛に隠れていて。
2度目の散歩中、その子を褒めながら首周りを撫で回してしていて気づきました。

なにしろ、ペンチの効力は視野に無い状態で改善してたもんですから、気づいた瞬間『え?なんでペンチ必要なの?』と。


実はこれ、飼い主さんと犬が経て来た専門家が教えていたから。なんですわ。

ワタクシに会う以前に2ヶ所を経験していたのですが、飼い主さん曰く「どちらの施設でも、この子は特別ハイパーな子だから普通には扱えないと言われた」んですと。
だからずっとペンチカラーをつけっぱなしなんですと。


しかし、飼い主さんは全くそういう使い方はしておらず…。
だからワタクシもペンチつけてるとは全然気づかなかったんですけどね。ワハハハ!

b0057675_21005473.jpg

…ええ?
何コレ。
意味無いやんけ。

いやいや、それどころか…。

飼い主さんが情緒的に不安定で、おまけに使い方もキチンと出来ていない状態で、日常的に犬に対してペンチを使っていたらどうなるか…。

ペンチやショックカラーのような「便利な」道具こそ、一瞬にして虐待行為になる可能性があると思うんですよね。
だもんで、これまでも誤った使い方をして、逆に興奮させてしまっていた可能性もあるよな~。と…。


「L君、フツウの首輪で充分ですよ~。
それはご自分で充分お判りですよね?
ペンチの効き目とは関係無くこれだけ良い子になったのを実感されてるんですから」
と思わず進言しましたよ…。

b0057675_21021415.jpg

飼い主さんは、自覚の無いままに虐待まがいの行為を犬に対して日常的にやっていた可能性がある。。と思うんですよね。
てか、、まあ、観察した限りでは…やってた事になってた…というか。。

教える側は、勿論その事は伝えていたはずでしょう。
少なくともそう思いたい。

んが。
情緒が安定してない人に、どんだけキッチリ教えたとしても、本当にその道具を冷静に使えるかどうか、なんて…飼い主さんと犬を見れば…。
軽い道具ならまだしも。ねえ。。


教えた側にしてみれば「それは飼い主さん側の責任」という言い分になるのかなぁ。

てか。
それよか強い道具を使わずに改善する方法があるなら、そっちを先に教えればいいのに…。
と思うワタクシが変なのかなぁ…。

b0057675_21041954.jpg

「散歩中に私を見る事なんか1度も無かった」と言われていたL君が、何度も何度もニコニコしながら「ママ楽しいね!」と話しかける、あの光景は…。
今でも思い出したらジ~ンと来ます。


結果的に、L君には道具は必要ない。という事は判りましたが。
この時点では、そのままにしましたよ~。
「まだちょっと自信が無い(^^;)」と正直な気持を教えてもらいましたので。

それだけ「これじゃないと制御出来ない」と刷り込まれてきたたんだろうな~。と想像しました。

勿論、使い方もお勉強しなおしてもらいました。
初めて会った頃よりも遥かに飼い主さんのバランスが整ってくれてたので…。
まあ、あんまり使う必要無くなってましたけどね(^^)ハハハ。

b0057675_21050694.jpg

※ホタル………

ワタクシは…前から書いて来てますが、強い道具を使う事を100%否定してはいません。
ショックカラーも「学習性絶望感」も、完全に否定しているワケではないのです。

ワタクシ自身が使うとしたら。
自分の引き出し全てを使い尽くし、やれる事全てをやり尽くして…それでも最後に使わなければならない機会が来た時に…とは思ってますが。

今の所、それをメインに扱うような事態は巡って来てないです。
過去にマジ噛み犬も会ってきましたが…ブロックしたり、敢えて噛ませたり、噛まれない人が居ればその人を育てる、という方向性でして。


でも、シバツレ読者の方々ならお判りかと思います。
簡単で、楽に成果が出るものほど、人はハマりやすくなる、という事。
ハマる事で、自覚も無いままに大切なモノを見失ってしまう、という事。

b0057675_21060032.jpg

「便利」とは。辞書を引いてみれば。

「簡単に」「楽に」、「"使う人にとって"都合の良い事」。
ワタクシを含めて、ニンゲンが大好きな事ですワ~(≧▽≦)ワハハハ。

それは「普通に」「まともに」やるよりも、「簡単に」「楽に」という事だと思うんですよね。


一体、、、何と引き換えに?


「ペンチカラー」ひとつだけでも、ネット上で検索してみれば、様々なモノを見る事が出来るでしょう。
時間があればググってみて下さいませ。
商品カタログや商品の写真はスルーして、それ以外のモノを見ましょう(≧▽≦)

実際に使っている人の言葉や姿勢から、色々感じ取る事が出来ると思います。

b0057675_21113224.jpg


「道具」。
「学習性絶望感」も、同じ事。
見えない「道具」。

どちらも「諸刃の刃」だとワタクシは思うのです。

諸刃の刃の使い方…簡単に他人には教えられませんよね。
使う為には、冷静に、かつ理性的に使えるように心の鍛錬も必要でしょう。

それを更に他人に教えるには…。

情緒が不安定な諸刃の剣士、、なんて想像したくもありませんわ。
ましてや魔剣の虜になってしまっては…。


ワタクシは、自分の弱さを重々承知しております。
実は、腹の中は真っ黒のろくでもないヤツだという事もよ〜く自覚しております(≧▽≦;;)

だからこそ、簡単とか、楽とか、早く済む…とか、そういうのに惹かれてしまう自分を知ってるんですよね。
誘惑からは素早く身を引けと、どこぞの宗教でも言ってましたっけね(≧▽≦)ワハハハ。
自覚の無いままに…大事な何かを引き換えにしてしまわないように…。

b0057675_21132782.jpg


ちょっと詳細を書くと。
この飼い主さんと犬には、3回会いました。

1度目はオバサンとのオシャベリがほとんど+庭でちょっぴり触れ合い。
2度目にはタップリと一緒に散歩をしながらのおハナシ…。
3度目は、これまでの事を踏まえ、しばらく暮らしてもらった後のふたりの様子…散歩や接し方を見てちょっと補足を…でした。

3度目の休憩中に、L君が押し花状態でリラックスしている時。
フリーのダックス女子がトコトコやって来ましたよ。
L君、嬉しそうにニコニコ笑い返してました…。
コマンドも何も必要アリマセンでしたよ。


「お互いが落ち着いて穏やかだから、こんなんなんですね」と飼い主さん。

「そうです。
それは、今、飼い主さんもそうだからなんですよ~(≧▽≦)」って、ニンマリしたのでありました。





チビズもモデル!
ワタクシ作のラインスタンプのご紹介(≧▽≦)

b0057675_21290623.jpg

「柴犬ざんまい2」
「柴犬ざんまい」
ヨロシクドウゾ!

もしくは、ラインストアのクリエイターズスタンプにて
「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」で検索ドウゾ!!

by koryu_misumi | 2016-06-04 21:33 | Comments(4)
Commented by RUPIKA at 2016-06-05 11:45 x
昔、らっきーが全然言う事を聞かなくなった時に、
電気ショックの首輪とか、噛まないようにする口輪とか、
探した事があります。
買う前に、らっきーの行動にはらっきーなりの理由があるとわかったので、
それを受け入れた上で、諭して、なんとかその行動を
止めてもらえましたが、裏を返せば、その時の飼い主の行動も
何か問題があったんだと思いますね。
らっきーが自分で身を守らなきゃならないくらい、
信頼をおいてもらえてなかったとか。
今は向こうから犬が来たりしても、チラッとこちらを確認したりして
何か語りかけてきます。
Commented by koryu_misumi at 2016-06-05 22:28
> RUPIKAさん、こんちは!
ああいう道具は、犬関係のカタログ等にも良く載ってますもんね〜。
誤った使い方をしなければ問題は無いんですが…犬問題が起きる飼い主さんは誤った使い方に陥る事も少なく無いんですよね。
RUPIKAさんがらっきーさんの気持を気持を汲める飼い主さんで、本当に良かったです〜〜(≧▽≦)/))

L君の前科は他人や他犬相手で…飼い主さんには絶対そういう行動を取る子ではなかったのですよ〜。
ただ、飼い主さんを守ろうという気持ち&飼い主さんの過干渉&飼い主さんの情緒不安定に同調…等が原因で問題行動を起こすようになってたんですワ〜。
ワタクシのオマタにも大きな顔をぎゅ〜っと挟んで甘えてきて可愛い子なんですよ(≧▽≦)
Commented by ナノスケの保護者 at 2016-06-07 15:37 x
先代との関係修復をしていた頃、実姉がゴンザレスの幼年教室に通っていた時期でもあったので、何となく、ランさんにハーフチョークを使用していました。が、鎖がジャラジャラと音を立てるのにイラっとしているのに気付き、布製のチョークに変えました。リードの長さの分だけ自由に動けるのをすぐに学習し、互いの歩調が合わないとゆるく首が締まるので、ランさんが私に合わせて歩く速度を調節するようになりました。私はリードの端を持っているだけで、歩きながらどっちに行くか言葉と動作で指示する。
ナノスケは最近やっと(8才)歩調を合わせることを覚えた。うん、幼児と手をつないでいると思えば、興味あるものにぶっこむのも仕方ないかな。その度に叱れるのにね。
Commented by koryu_misumi at 2016-06-08 21:14
> ナノスケの保護者さん、こんちは!
自然界にはほとんど無いような金属の音を嫌がる子は多いように思いますよ〜。
耳元であんな耳障りな音がチャラチャラ聞こえていたら、普通の散歩だって楽しくないだろうに…とおもっちゃいますワ〜。
首輪の金具の音も嫌がる子居るくらいですもんねえ。。
好奇心にかられて行く…その気持を汲んでもらっているのと、無いのでは雲泥の差だと思いますよ。
勝手にぶっこむな。とだけ叱られるのと。
気持は判る。でも、ここは我慢しなきゃ。と叱られるのとでは…。
判ってもらえてれば、その都度叱られたって、関係がオカシクなる事はないと思いますワ〜。
ホントに…コドモ相手に、こんな道具使って、こんな態度で…と感じる飼い主は少なくありません。。。
ナノスケさん、楽しく散歩出来てるようでなによりです(≧▽≦)