柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(675)
(185)
(133)
(116)
(28)

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

GWはクドりたくなる…

b0057675_09454472.jpg

世間はゴールデンウィークに突入したようですね〜。

犬連れでお出かけの家も多いと想像します。
この季節、短時間でも「車でお留守番」で熱中症になる犬は少なくありません。
また、ちょっと眼を離した隙にさらわれてしまったり…。

b0057675_09484474.jpg

そろそろ一段落のレンゲ

せっかくのGWにこんな事書くのもアレなんですが。
せっかくのGWだからこそ楽しく(かつ隙無く(≧▽≦))過ごして下さいませね〜。

この時期、小鳥達の歌声や、草木の青い香りが辺りに充ちていて、ホントに気持ち良いですワ〜。


…そんなワタクシ、またもやGW病が(≧▽≦;;)
なんかクドクド書きたくなるんですよ、GWって。

この時期、アクセス数が減るので安心してクドれるっていうか(≧▽≦)アハハハ!!

あ?
…何処にもお出かけしませんけど何か?

b0057675_09532657.jpg

アケビの花

さて。

つい先日、飼い主さんと犬の為にワタクシが以前から時々使い回している"「城主と家来」の例え話"を、別の専門家が使っていた…という話を人づてに聞きました。

(あ、くますけさんは使われてますよ〜直接おハナシした人ですから"パクリ"ではアリマセン(^^)
>>>「想いはコトバにリンクする。犬はヒトの想いにリンクする。」)

※「城主と家来」の例え話は犬道!!番外編「道具と心」の中にあります。


ワタクシもネット上で長い事やってますので、それなりの犬ネットワークがあるようで…(^^;)

昔はこのブログのサイドバーにも「リンク一覧」を張っていたのですが、あまりにも多くなり過ぎ…いつしかサイドバーから外してしまったという過去があります。

そんなワケで…。
この「城主と家来」だけに限らず、犬道!!ネタや、普段の記事ネタ等等…ひょんな所からひょんな情報がポロリとやってくるんですワ(≧▽≦)ハハハ。

b0057675_10083000.jpg

で。
それを聞いて思わず「おお〜!」と(≧▽≦)

あのネタは、ワタクシがむか〜〜〜し、ある飼い主さんと犬の為に作った例え話なんですよね。
シバツレに書いたのは昨年になってからなんですけども(^^)、実際はもっとずっと前に作成。

ですので、シバツレUP以前からあのネタをご存知の方は、判ってらっしゃるかと。

それがまあ、どういう使い方をされているのかは知りませんが…。
とりあえず人と犬の暮らしの役に立ててもらえているのなら有り難いですワ。
…曲解されてたり、都合良いハナシにねじ曲げられてなければいいんだけど…(^^;;;;;;)

b0057675_10185967.jpg

野性の藤ちゃん

ご存じない方の為に。

「嬉しいコト」
「四月一日と書いてワタヌキと読む」

にも書いております。
シバツレに書いてある事は誰でも使って下さってかまいませんので(^^)

…"ちゃんと"使ってもらえてるといいなあ。
やっぱり使う人が自分に向き合えないまま、それを他者に対して使われてしまうのは残念ですからねえ…。

だって自分の事を棚上げしてそれを他者に押し付けるって、それも「人間性」だと思うからです。
ワタクシも…自分ちの犬が出来てない事を…和散歩参加者と犬達に押し付けないようにしたいし〜(≧▽≦;;;)

b0057675_10313026.jpg

でもまあ、「四月一日…」の中に自分自身で書いている通りですワ。

読んだ人がそれをどう利用するか?というのは、ワタクシではなく、読んだ当人の問題。

利用する時にワタクシに「利用します〜」と言う人もいるし。
ワタクシに会った時に「実は以前から利用してます〜」と言う人もいるし。
黙って利用する人も居るし。
悪用する人も居るかもしれないし。
金儲けに利用する人も。。


そこは"読んだ人の人間性"というコトですかね(^^)

b0057675_11082797.jpg

露をかぶる姿が美しい

正直、ワタクシは読んだヒトの人間性がどうこう…って所まで責任追うつもりはこれっぽっちもアリマセン。

だって…自分の価値観に照らして他者をジャッジしたり批判したりする、というコトがどういうコトなのか…。
ワタクシはそこを見失いたくないからです。
まあ、、ネット上ではよく見る光景のようですが…。(←ワタクシは見に行かないけどね。ツッコミたくなるから(≧▽≦;;;))

時々書いている事ですが、そのコトに関してはワタクシは常に不安感を持ち続けていたい。
そんな自分に向き合い続けていたい…。

誰かをジャッジ出来る程、自分はご立派な人間なのか?
モノゴトの正否を世界に向けて断定しきるような勘違いヤロウになってないか?
etc.……。

b0057675_11091440.jpg

暑くなると、和散歩はオヤスミして「和談会」になります。

その際に。
「向き合う」「向き合えない」とはどういうコトなのか。とか。
具体的にネット上で見つけた事例を元にして、「向き合えないヒトの特徴」を例に挙げ、それを自分達に照らしたりして自分達の向き合い方を勉強したりします。
(具体的に書く事は出来ません…犬道!!等レベルのお勉強ではアリマセンので)

…だからこそ、ワタクシ自身がまず常に不安感を忘れないようにしたいな。と。

ワタクシは、向き合えない事は悪い事では無いと思うんですよ。
だって世の中色んな人が居るからバランスが取れてるんですもんね〜ワハハハ。

ただ、目の前の犬がそれでシアワセを実感出来ていないなら…それ(犬)は天からの贈り物だと思うんですワ。
自分に向き合う為に。と天が贈ってくれたギフトだと…。

b0057675_11443461.jpg

何が嬉しいかって…。
ヒトとイヌがシアワセな姿を見せてくれるようになる事が、ワタクシの一番のご褒美なんですよね。

ただ、美味しそうにオヤツを食べている姿を見るだけでも嬉しくなって、ああ少しでもお役に立てて良かったなぁ〜って。。

ワタクシが関わるヒトとイヌが自然体で変わって行く姿。
更に成長して、更に高みへと登って行く姿。
それぞれがそれぞれの王道を踏みしめて行く姿。

あ〜その事を想うだけでシャ〜ワセですワ。

ワタクシの事なんぞ忘れて飛び立っていっていい。


いずれ、彼らが降り立つ先にシアワセが増えて行くに違いないんですから。

b0057675_12055270.jpg






チビズもモデル!
ワタクシ作のラインスタンプに新作が出ました(≧▽≦)

b0057675_12074286.jpg

「柴犬ざんまい2」(新作)
「柴犬ざんまい」もヨロシクドウゾ!

もしくは、ラインストアのクリエイターズスタンプにて
「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」で検索ドウゾ!!



by koryu_misumi | 2016-04-30 12:08 | Comments(4)
Commented by 珊瑚&銀牙パパ at 2016-04-30 20:18 x
GW初日(ワタシハ土曜日から)に柴桜を楽しんで来ました(o^^o)
ちょこっと遅かったのですが
毎年の事を楽しめて幸せ満開(*^◯^*)

ワタシ…和談会に参加したいなあー
ワタシが思っている疑問、悩みを
皆さんに突っ込んで貰いたい。


自然の美しさに感激と溜息です。
ありがとうございますm(_ _)m
Commented by koryu_misumi at 2016-04-30 20:54
> 珊瑚&銀牙パパさん
こんちは!
シバザクラの写真見ましたよ〜!
凄い綺麗な絨毯(≧▽≦)お天気もよくてサイコーのロケーションでしたね〜。

和談会は実はテーマなんか決めてなくて、自然にどんどんハナシが移って行くんですよ。
自分の気持ちを吐露するヒトも居れば、犬のウンチのハナシで盛り上がったり(^^)
オヤツでも食べながら…ピンからキリまで、犬との暮らしに関わる事なら何でもアリです。
機会があれば是非ドウゾ(≧▽≦)
皆のハナシが面白くて、ワタクシは案外しゃべる機会が無いまま終わっちゃったりする事もあるんですよ、わははは!
Commented by ナノスケの保護者 at 2016-05-02 13:34 x
香龍さんに言われたことを考えてみた。

結論。「心にゆとりがない時に犬を育てちゃいけない。」
仕事が変わったり、生活環境が変わったり、色々な事が重なって、心にゆとりが無くなっていた時期でした。
嫌な部分を全部ランさんに被せていた。
で、もう一回生活環境が変わった時に、ランさんに意識が向いた。関係を見直すことが出来た。
お金や時間に余裕があっても、心が疲れていたら、ゆとりはないって事ですね。
老犬になったランさんとの生活では平常心が養えました。
老犬に人間の都合押し付けても無駄。
急かせるのも無理。
好き嫌いも許す。
譲れるところは譲る。
元々、納得しなければ動かない紀州犬雑種。
犬に話しかけるのが癖になりましたね。
Commented by koryu_misumi at 2016-05-02 21:29
> ナノスケの保護者さん、こんちは!
理想を言えばそうですよね〜、心にゆとりがある時。。
まあ、現実はそこを考えて迎える人は多くなく(^^;)、犬だってどんな子に育って行くかも未知数ですので…。
結局は犬を迎えた事によって色々と学べる…という事が、全ての飼い主にとってのギフトなのかな〜とワタクシは思いますワ〜。

心にゆとりがあった方が良い、という事も、お金や時間の問題ではない、という事も、結果的にランさんが居てくれたおかげで何割か判った部分もあるのではないでしょうか。
詳細は知りませんが、ひょっとしたらナノスケの保護者さんの生活環境が変わった時に、そばにランさんが居てくれなければ、また違った学びになっていたかもしれませんよね。

ワタクシは、自分がチビズのおかげで学んだ事の質と量の素晴らしさと来たら…彼らを迎える以前の総量の何倍もの学びを得ていると感じます。
単純に知識だけではない、眼に見えない学びですが、彼らが居てくれてホントウに良かったと毎日のように思うんですよ〜。