柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(652)
(172)
(127)
(110)
(24)

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

展覧会から想う事

b0057675_10424405.jpg

先日は日本犬保存会の福岡支部展が久留米で開催されましたよ〜。
行きがけに、先日載せた地図に描いていたマクドナルドが、こつ然と消えているのを目撃して仰天しました(≧▽≦;;;)
良い目印だったのになーハハハ!

当日のワタクシは超早起きして、5時半には家を出ましたよ〜。

b0057675_10434416.jpg

早起きは別にいいんですけどね。
いや〜当日の寒かった事と言ったら!

その場に居たヒトのほとんどが「寒い〜!」と言っていたに違いありませんワ。
久留米の天気予報を見て行ったにも関わらず…体感温度の異様な低さに凍え死にそうでしたよ…。

、、、、いや、死にませんけどね。。。

年によっては、川沿いの桜並木が満開ってな時もあるんですが、今年はその点がちょっぴり残念でしたワ。

b0057675_10441791.jpg

会場は相変わらず沢山の犬達が居るにもかかわらず静かでしたよ〜(^^)

和散歩メンバーが何人か犬連れで見学に来てくれてまして。
その子達がいい塩梅にリラックス出来ている様子が可愛かったです。

b0057675_10443157.jpg

K君なんて、リングとリングの間の通路でスヤスヤ…。
ええ、両側のリングには犬達が立ちこみしているんですよ、ワハハハ。

それなのにこれだけリラックス出来るという事がどういう事か…。
それは、この会場に立ちこめる気の素晴らしさを感じ取っているからだと思うんですよね〜。

寛蔵も連れて来てもらってましたが、リラックスしまくり(≧▽≦)
会場に居た方々にも人気者でしたよ〜。

b0057675_10444804.jpg

どさくさにまぎれてYちゃんの情報ゲットの寛蔵。
向こうでは若い方のK君が芝生むしりに夢中です。

b0057675_10450482.jpg

R君もとっても穏やか…。
この日、R君にとって一番イヤだったのは「遊ぼうぜ!」と押しの強い寛蔵だったかもしれません、ワハハハ!

b0057675_10452197.jpg

ワタクシが、家庭犬オーナーさん達に「会場の雰囲気を味わって欲しい」と思うのは…。
自分ちの犬との暮らしとは違う世界を体感する事で、色々と比較し、実感する事が出来ると思うからですワ。

世界で一番愛している「はず」の我が家の愛犬と、、。
オジサン達からはそっけなく淡々と世話をされているようにしか見えない(≧▽≦)会場の犬達の様子を比べてみて…。


なんでこの犬達はこんなに落ち着いてケージの中に長い事休んでいられるんだろう?
なんでこの犬達は他所の犬が目の前を通っても、吠えたりしないんだろう?
なんでこの犬達は口の中やキンタマいじられても怒らないんだろう?
なんでこの犬達は……。
………。

なんでこの犬達は……世界で一番愛しているはずのウチの犬より、落ち着いて穏やかで、、満たされているように見えるんだろう???


あれ?
自分の愛し方って…どこかズレていたのかな?


と。
自分の愛し方を、改めて冷静に振り返って見る、良い機会にもなると思うんですワ。

b0057675_10474639.jpg

ワタクシがよく使う言葉なんですが「犬が答え」なんですよね。
自分の接し方がどこかズレていれば、犬はそれを反映する…。

どんな専門家が言っている事でも、それを実行した時に犬がオカシクなったり…。
実行し続けても延々と改善が見られなかったりする事は多々あると思うんですワ。


その時に「どこにホントウの答えがあるか」という事を、是非思い出してくれたら…とワタクシは思います。


犬が心底シアワセそうにリラックスして過ごしている姿…。
それこそがホントウの答えなのだと。

学習性絶望感の成れの果てに訪れる、一見、信頼関係のように見える"まやかし"の関係ではなく…。
ヒトとイヌが、心からリラックスして通じ合えた時にこそ培われる信頼関係を構築する為にも。


ただ、世の中には「落ち着いて穏やかな状態の犬」の姿すら、まともに見た事が無いヒトも多いのは事実でして(≧▽≦;;;)
どう見ても、静かだけども興奮状態でいる犬を「落ち着いて穏やか」だと言う飼い主さんは少なくないんですよね。

もし、その自分の感覚が合っているかどうかを確かめたいなら。
日保の展覧会場の端っこで、落ち着いて穏やかに過ごしている犬達の姿は、ひとつの目安になると思いますよ。

b0057675_10474385.jpg

余談ですが…。
つい最近、中学生の女の子が誘拐され、2年間監禁状態で暮らさせられていた…という事件が取りざたされてますね。

オンナノコはその気になれば、逃げる機会は沢山あったのに、出来なかった。
その心理状態をテレビで専門家が説明しているのを見ました。
学習性無力感…学習性絶望感と同じですワ。

学習性絶望感については、ここ、シバツレでも書いてきました。
犬道!!の中でも。

男がオンナノコを監禁するにあたって、最初は恐怖や暴力・暴言等を使用し、オンナノコの逃げる気力を削いで行くんですよね。。
この人の元からは逃げられないのだと…逆らえないのだと…。

そうやって完全に従順になった状態で、、やがて、一種の信頼関係のような関係が構築される…。
多分…一緒に暮らす間には、オンナノコだってちょっと笑う事もあったかと想像します。



同じような事が、ヒトとイヌの間で行われている事を、どうかシバツレの読者の方々には忘れないで居て欲しいのです。

強い道具や強い方法、強い支配性を振りかざして、犬を学習性絶望感へと追い込み、従順にする。
そうする事を「犬を愛する事」だと、その行為を「シアワセな人と犬の暮らし」だと…。
そんな主張が世の中にはある、という事を。

その事に疑問を持たない飼い主さんは、是非気づいてくれたら、と願います。
自分が気づかない内に…。
はたまた専門家の指導の元…。
自分が、オンナノコを監禁した男と同じような行為に染まっている事に。


同じような脳の構造になってしまっていないか。
同じように人間性を失ってはいないか。

そのようなニンゲンを、果たして犬がホントウに愛するかどうか。

どうぞ目の前の犬を見て、自分の内に問いかけて欲しいのです。

b0057675_10551173.jpg

昨日の曙。ちょっと不思議な雲が右側に…。

b0057675_10551469.jpg

彩雲…かな。
美しい。。。

b0057675_10550036.jpg

ホワイトデーに頂いたプレゼントを今頃UPのワタクシです。ワハハハ(≧▽≦;;;)

美味しいお菓子の詰め合せと、和散歩に参加してもらっていると〜っても若い男性から、柴犬柄のハンカチを!
…ワタクシもまだまだ捨てたもんじゃ有りませんね〜ぐふふふ…。←更年期

Yさん、R君、有り難うございました〜!!
日保の展覧会で垂れる鼻水を拭かせて頂きましたよ〜(≧▽≦)



b0057675_10580856.jpg◆宣伝◆

チビズもモデルのラインスタンプはコチラです。
  ↓↓
「柴犬ざんまい」
by koryu_misumi | 2016-03-31 10:59 | Comments(2)
Commented by RUPIKA at 2016-03-31 22:57 x
あ、、やっぱり女の子の心理状態はそれが想像されるんですね。
もしや犬道に出てきた事じゃ…と思っていたところです。

また、友人が保護犬を受け入れて、最初は怯えたり、パニックになったりしてた子が
どんどん落ち着いていくのを見て、友人はゼロ基点に戻すのが
うまいんだなーと感じました。
そのビビりわんこは、感情表現も洋犬にしてはおとなしくて。
でも、柴飼いの私には逆に凄く感情を読みやすかったです笑
らっきーの表現に凄く似ていたので。
あのわんこのゼロ基点ではないんだろうけど、
柴にとってはゼロ基点の表現と近いのは、面白いなと思いました。
Commented by koryu_misumi at 2016-04-01 09:59
> RUPIKAさん、こんちは!
学習性…は、残念な事に、けっこうそこら中で見る事が出来ますよ。
イマドキの有名人夫婦の離婚話で出て来る、モラハラ…の加害者も同じ事しますし…。
周りから見れば、おかしいぞ…と感じる事でも、加害者は自分がやっている事のオカシさが理解出来ないみたいですね。

その保護犬、良い所に受け入れられて良かったですね〜(≧▽≦)
そうそう、人によっては勉強なんかしなくても、自然体でゼロ基点を調整出来るって人も沢山いらっしゃるんですよね。
ワタクシは〜昔は相当偏ってましたから、頑張ってますけど!ワハハハ!!
だから、犬道!!を書けたって事もありますけどね〜(≧▽≦)

欧米犬種に通じる事が和犬に通じないってのは、ワタクシはけっこう実感してきてますけど。
和犬に通じる事が案外欧米犬種に通じるってのも、同時に実感出来てる事なんですよ〜。

でも、シアワセワンコが増えるって嬉しいコトですねーー(≧▽≦)/))