柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(664)
(181)
(130)
(111)
(27)

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

和散歩に新参者

b0057675_11224311.jpg

すっかりご無沙汰しておりました…。

この時期は、皆様もお忙しい事と思いますワ。
ワタクシも多分に漏れず、なかなかゆっくり写真の整理等に割く時間が無くて〜(≧▽≦;;)
あ、勿論、全員元気に過ごしております〜。

さてさて、今頃、前回の和散歩会の様子を載せちゃったりなんかします。ワハハハ!

ご存知の方も多いかと思いますが、くますけさんの所に来ている保護犬 ニコちゃん大魔王 寛蔵が和散歩に参加しましたよ〜。

b0057675_11330954.jpg

だって、、この頭…どう見てもニコちゃん大……。

この日は休憩の際だけ地面に降ろして、他は皆さん交代で抱っこ散歩だったのですけどね〜。

さすが子犬パワー。
あっという間に陥落するヒトが続出…。

「大事大事抱っこしたらダメ」というお達しがあったにも関わらず…。
やはり子犬の力には敵いませんワ(≧▽≦;;;)

実はワタクシが楽しみにしていたのは、参加犬達の様子ですワ。
こういう、ちょっぴりイレギュラーな出来事の際に犬が見せる様子は、その子を深く知るのにとても役立つんですよね〜。

b0057675_11420245.jpg

「子犬を初めて見る」にも、感じ方はそれぞれ。

なんとなくうっすらと子犬の記憶が思い出された様子。
見慣れない小さな生き物に興味津々の様子。
見慣れないモノへの恐怖が沸き上がる様子。
獲物を見るような感覚が呼び覚まされた様子。
完全に部外者として排除しようとする様子。
子犬をすぐに子犬として認識する様子。
子犬寛蔵の個性まで感知している様子。
子犬だから、とおせっかいを焼きたがる様子。
同じ群れの仲間として受け入れ見守る様子。
等々……。

b0057675_11591823.jpg

更に「犬として認識しているか・いないか」で、分けるだけでも、様々です。

例えば初対面の子犬に対する「一見」攻撃的な態度には色々ありますが。

そもそも犬として認識出来ていない恐怖からの排除←パニック
犬として認識していても、部外者は排除←上より冷静
何なのか認識したいが興味が強くなり過ぎて興奮状態で思わず
犬として認識出来ているが、近寄って欲しくないから←2番目と違うのは距離さえ保っていれば受け入れる
犬として認識出来ているが、シツケがなってないので叱る

等々……。

勿論、どの犬も「上記どれかひとつだけ」の様子ではなく、アレとコレとコレの複合型…なんて様子もありますけどね〜。

b0057675_11591036.jpg

この写真は、途中休憩の際に地面に降ろされた寛蔵と、それを興味津々に見つめるK君。

K君は、最初は寛蔵に興味津々でしたが、やがて犬として認識したようです。
しかし、まだ若い為に経験が少ないんですね〜。
ちょっとどうしていいか判らない。

でも、若いおかげで、オトナになっていく際に目覚める支配性や野性がまだ見られませんので、新参者の寛蔵をコントロールしようとしたり、警戒したり、群れから排除しようとはしません。

その後、また別の場所で休憩した際に、また興味津々に近寄ってましたよ〜。
その際に、寛蔵がグイグイ遊びに誘いに行くと、それも未体験の出来事だったために、若干のパニックに(≧▽≦;)
寛蔵から逃げ出してましたワ〜。

b0057675_12160392.jpg

↑この日の黒柴ズ

でも、あの感じだと…次に会った時には遊ぼうとするかもしれませんね〜。
ちょっとパニックで逃げようとしたけれども、実害は全く無かったので「コワいと思ったけどそうでもなかった?」と学習しているんじゃないかなあ。
寛蔵も、色々学習中ですしね(≧▽≦)

いや〜それにしても、八蔵の小さい頃を彷彿としますよ、寛ちゃん。
ヤンチャで綺麗好きで、怖いもの知らずで…。

先日、ちょっと寄った折には「楽しく負ける」遊び方をひとつ、くますけさんに見てもらいました。

彼は我が強いので「あからさまに負ける」のが凄く嫌いなんですよね〜(≧▽≦)
ですので、どさくさに紛れて「負けている状態」に上手に導くのが、こじれず良い関係を構築するのに一番だとワタクシは思うんですよ。
…まあ、こういうハナシは何度も書いて来たので、以前から読んでくれている方々はご存知だと思いますが(^^)

b0057675_12252393.jpg

そういうワケで、くますけさんに伝えた遊び方は…彼の「負けん気の強さ」を逆利用して「負けている状態を長々と経験させる」遊び方…という感じになりますか。

それまではちょっと「負ける」と感じたら、さっさとその場を放棄して別の遊びに移行していたそうですが。。

この遊びは気に入ってもらえたらしく「もうおしまい〜」とやっても、「もっと!さっきのー!」と所望しておりましたよ(≧▽≦)

次の和散歩会に参加した折には、また一段と育ってるんだろうなあと思います。
楽しみですワ。

※伊佐蔵と八蔵が遊んでいる動画の記事をひとつだけ見られるように変更しました(^^;)
寛ちゃんもこんな感じで遊ぶのが好きなんじゃないかなあ〜。→
「チビ蔵、生後70日」
(動画引っ越し放置状態…ハハハ)

b0057675_12285094.jpg

さて、そんな和散歩会の参加者で「2016年初の和散歩会」に書いたX君のハナシを憶えていらっしゃるでしょうか。
あのX君に、またまた素敵なハナシがあるんですワ。

それは…。
数日、飼い主さんが旅行で留守にして帰って来たら…。
X君、出迎えもなんにも無くてフツーーにしていた。。。というハナシです。

「あの〜これ、大丈夫なんでしょうか」と飼い主さん。

「何を言ってるんですか!それこそ、まさに理想的な姿じゃないですか〜!!スンバラシイ(≧▽≦)」と大喜びのワタクシ。

「…でもちょっと寂しいんですけど…」

「そ、、、そりゃそうですけどね(≧▽≦;;;;)ハハハ………」

b0057675_12354764.jpg

よく聞く話に、留守番が出来ない子…というのがありますよね。
飼い主さんが帰って来たら、も〜〜大騒ぎ大喜び大興奮でワケ分からなくなったり。
そんな子が留守番中何をしていたかと言うと、家中メチャメチャになっていたり。
まあ、分離不安という言葉も良く聞くかと。

それは「飼い主さんの不在」に「不安感」を憶えてしまうから。。

X君のその落ち着きぶりは。
「飼い主さんの不在」に、何の不安感も抱いてないから。
=お留守番が苦痛ではない。
=飼い主さん必ず帰って来る事を信じている。
……。

おおおおーーー。
あの。。あのX君がここまで…(ToT)←感無量

和散歩に参加している姿を見る度に「ああ、オトナになったなあ」と親戚のオバちゃんのように見守ってしまうワタクシですよ。

ただ、ノンビリ歩いてるだけなんですが…やっぱり和散歩っていいなあ(≧▽≦)



b0057675_12414971.jpg◆宣伝◆

チビズもモデルのラインスタンプはコチラです。
  ↓↓
「柴犬ざんまい」
by koryu_misumi | 2016-03-24 12:40 | Comments(10)
Commented by 珊瑚&銀牙パパ at 2016-03-24 19:45 x
(*^◯^*)
写真だけでしか分かりませんが
ちょっと変わった感じに魅かれます。

先日、銀牙出身の犬舎に里帰りしまして
もしも次のワンコを迎えるとしたら
同じ血統を考えたいと言う思いが
危ういと感じ、なんとか少しでも
犬舎を盛り立てたいと思いが…

そんな最中に
この図太そうなチビ黒ニコチャン大魔王
の姿を見て
家臣に欲しい…なんてσ(^_^;)

Commented by もなか at 2016-03-24 20:40 x
私も八蔵っぽいなあって思った。ブログでしか拝見してないので、会わないとわからないけど。

ちゃんと理由がないと上から言っても納得しないとこ。あまり怖がらないとこ。じっと観察してること。頑固なとこ。
幸い珊瑚ちゃんの子なので、褒められるの好きで素直だけども。

楽しく負けるは香龍さんが教えてくれてたので助かります。ちゃんと色々尊重してあげると、とてもいい子です。
寛ちゃんもきっといい子になります。
Commented by koryu_misumi at 2016-03-25 11:00
> 珊瑚&銀牙パパさん、こんちは!
寛蔵は八蔵の小さい頃を彷彿としますよ〜。
性格もけっこう似てます(≧▽≦)
案外器も大きい。。
わーー苦労しそう〜〜ワハハハ!

銀牙君の犬舎のおハナシ、見ましたよ。
そういうハナシはけっこうアチコチで聞きます…。
ワタクシの知人の所も、その方が亡くなってからは。。
そういうのが世の中の流れってヤツなのかなあ、なんて考える事もあります。

寛蔵を家臣にですか(≧▽≦)ワハハハ。
この子は室内で暮らすんだったら、ちょっと目が離せない部分があると思いますよ〜。
それから多頭で暮らす場合、寛蔵に下克上期が来た時には…色々覚悟しておかないとイケナイかもしれません。
その頃にはもっと眼が離せなくなると思いますワ〜。
まあ、どの程度の身体のサイズになるか、まだちょっと判りませんけども…(^^;)
Commented by koryu_misumi at 2016-03-25 11:03
> もなかさん、こんちは!
も〜ホントに似てますよ(≧▽≦)
体つきも似てるし性格もよー似てます。ワハハハ!

そうなんですよ、筋が通ってないとイヤだし…。
案外頭も良いし、諸々見破る力もありますしねえ。
平蔵みたいな孤高なタイプではなくて、八蔵みたいに初期設定的にヒトが好きって所はホントウに良かったな〜って思います(≧▽≦)

八蔵みたいにすんごく良い子になってくれるとワタクシも思ってますよ〜。
要注意は若い頃の八蔵みたいに…冒険野郎で、知らない人の家に上がり込んでヘーキな顔しちゃう所…でしょうか〜〜!?ワハハハ!!
Commented by RUPIKA at 2016-03-25 23:24 x
お留守番ができない…。
らっきーが普通にやってくれてたので、
考えた事もなかったです。
私にはこれが普通なのかと;
らっきー以外の犬を飼った事もなかったですし。
たまにご近所さんから、
「らっきーちゃん、『きゅ~ん』て鳴いてたわよ。」って
言われた事はありましたが、基本は寝てお留守番してるようです。
お迎えもしてくれますが、ちょっと尻尾ふってくれるとか。
柴は育てにくいって言われますが、
初犬がこの柴でよかったな~と思います。

また、子犬に対して「犬として認識出来ているが、近寄って欲しくないから」
外であったら、2m位のところでちょっと唸り、さらに近づくと、一吠え、さらに近づくと、
ワンワン!と吠えて、らっきーが逃げます。
でも、保護犬だと、甲斐甲斐しくお世話しようとします。
これが一応、家族かどうかの違いなんでしょうかー?
Commented by koryu_misumi at 2016-03-26 21:04
> RUPIKAさん、こんちは!
分離不安がヒドイ子の場合は…ほんとうに大変なんですよ〜。
例えばクレートに入れておいても、クレートを壊したり…壊す際には手や口を怪我して血まみれになったり。。
それくらいヒドい不安感なんですよね〜…もう病気レベルですわ、こうなると。
らっきーさん「きゅ〜ん」って言うくらいでお留守番出来るんだったら、めっちゃオリコウさんですやん(≧▽≦)
お迎えも落ち着いた感じで!!いいですねー!!
お迎えが激し過ぎる子は、その分お留守番が…という事ですので。。
いえいえ、らっきーさんの素質だけでなく、RUPIKAさんの接し方だと思いますよ。
出かける時の態度や帰って来た時の態度が犬に「お留守番ってこういう事なんだよ」と教えている事になりますからね〜(^^)

柴犬は、群れの仲間かそうでないか、で態度が全然違う事って多いですよね〜ワハハハ!
時々家の猫には優しい子が、他所の猫が入り込んだら殺しちゃった…なんてハナシもありますので、、まあ、そういう感じなのかもしれません(≧▽≦;;;;)
他所の子でも、群れの仲間とちゃんと認識させてしまえば、そう接するようになりますけどね〜。
Commented by モカ母 at 2016-03-26 22:45 x
かわいいニコちゃん大魔王ですね。
ブログでも拝見してますが、パピーらしからぬ堂々とした立姿が、印象的です。
八ちゃんて、こんな子だったんですか。
ニコニコ穏やかなので、ちょっと意外です。
どんな風になるんでしょうか。
楽しみです。
Commented by RUPIKA at 2016-03-27 04:03 x
行ってくるね!いってくるねー!泣
みたいなのは、ダメ!!という柴犬飼育本の通りにしただけです。
鵜呑みはいけないですが、これはちゃんとなんでダメかも
理由がしっかりあって役に立ちました。
当たり前な事に感動の…みたいなのは、いらないんですね。
雷に関しては、私の影響を受けたところもありますが;
Commented by koryu_misumi at 2016-03-31 10:39
> モカ母さん、こんちは!
ニコちゃん大魔王、可愛くってしょうがありませんよ〜(≧▽≦)
もう近所なら毎日会いに行ってしまいそうです。ワハハハ!
八蔵はそりゃーーもうヤンチャでヤンチャでヤンチャで…(ネバーエンディング)
でもとても素直で良い子なんですワ。

びっくりするくらい八蔵と寛蔵は良く似てますので、、ひょっとしたらどこか血縁関係だったりして!?なんて笑ってるくらいですよ〜。
寛蔵もきっと八蔵みたいな子になってくれると思いますワ。
ホントに、楽しみですね〜(≧▽≦)
Commented by koryu_misumi at 2016-03-31 10:42
> RUPIKAさん、こんちは!
お返事遅くなってスイマセン〜!
そうそう、飼い主さん自身がそんなんじゃイカンってのは基本ですもんね(≧▽≦)
本だって、一応は(!?)人と犬の暮らしの為に作ってあるんでしょうから、間違いってワケでもないんですよね。ワハハハ!
現代人は「普通」「当たり前」って見失いがちなヒトが多いと思いますよ〜。
そもそもゼロの状態=「リラックス」がまともに出来ない人が多いんです。
プラスかマイナスかに常に興奮状態……(≧▽≦;;)
そりゃ〜犬だって影響受けますよね、ワハハハ!

おや、雷苦手なんですか〜〜〜!???
良く見ると、色が何種類かあって、おもしろいですよぅ〜〜(≧▽≦)ウヒ