柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(652)
(172)
(127)
(110)
(24)

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

老犬の…

b0057675_09262695.jpg

先日、犬友さんがこんな事を言ってました。

「老犬に伸びしろはない、と、ある専門家に言われた」

勿論、犬友さんは「え?」と、頭の中に?マークが点滅したそうで(≧▽≦)
それがまた、その専門家への評価材料のひとつになっちゃうんでしょうけどね〜ワハハハ!

犬友さんの頭の中に「?」が浮かんだのは…そうでない事を知っているから。ですワ。

自分と犬が実際に経験し、感じてきた事の確かさ。
それを元にふたりの間に培って来たモノは…こんな事を言った相手が例え「専門家」であっても、ブレる事が無いんですよね。


老犬でも成長する事は出来ますがな。

ただ、若い子のようには行かない。ってそれだけだと思うんですよね。
色々憶えるとしてもゆっくりだろうし、すぐ忘れやすいでしょうし…。

でも。
だからといって「=伸びしろが無い」ワケではない。

そんな事言い出したら…。
ニンゲンだって、幾つになったって人生やり直そうとする事がどんだけ素晴らしい事か…。
…そりゃあ、まあ、まだ脳味噌の柔らかさが残っている内に向き合うに越した事はないんですけどね(≧▽≦)ハハハ!
あんまり遅いと、間に合わない事も多々あるかと……。

あ?身も蓋もなかったですかね?←悪
でも、ワタクシ自身は死ぬまで学び続けて行きたい。というニンゲンです(^^)

b0057675_09262967.jpg

我が家のチビズも未だに色々憶えてくれますよ。
「さすがに平蔵御大は〜???」と思われるかもしれませんけど(≧▽≦)

昨年末から、平蔵の為に導入した、ゴハンシステム。
すぐに憶えてくれましたもんね〜。

大した事は無いんですよ。
人が器を持ってやって、平蔵が食べやすいようにしてあげる。
場所はソファの前と決まっております。

だけ…なんですが。

たまたま、同じ場所に同じようにママン様が正座をしていると。
「あっ!それは(≧▽≦)」と平蔵御大。

「ゴハンやろ!?」とシャカシャカとやってきて、ママン様の手の中に顔を突っ込むんですワ〜ワハハハ!

「平ちゃん、違う違う(≧▽≦;;;;)
それはおか〜さんの指ーー食べたらイカンー!」と馬鹿笑いしながら突っ込まれております〜。

b0057675_09263192.jpg

ふと考えると…あと3ヶ月で16歳ですワ〜。
この調子で無事に誕生日迎えて欲しいな。

最近は、散歩の中身を変えておりまして。
以前はチョイ長めの散歩を2回とお昼のチッコ散歩1回だったのを、短め散歩2回と、ちょっと長くしたチッコ散歩1回という風に変えました。
…というのも、やっぱり疲れが取れにくいんですよね、もう。
短い散歩を沢山…の方が身体に合っているようで、その方が元気です。

もう、かなり色々感覚が鈍っていて、頭の回転もニブニブなんですけども…。
一応、ボケては居ないようです。ワハハハ!

昨日はちょうど買い出しから戻って来たら、ママン様とお昼のプチ散歩中だった御大。
ワタクシが荷物を家の中に入れ終わった頃に、我が家の敷地内に戻って来て、
「平ちゃん〜。チッコしてきたんか〜?」と出迎えると…。

「香龍ぅ〜〜〜」と、鼻をピスピス鳴らしながら、駆け寄って(正確にはトボ寄って(≧▽≦))くれましたよ〜。
そんでもって、頭をギュウっと押し付けてくるんですワ。

あーまだまだちゃんとワタクシって判ってくれてる〜(≧▽≦)
もうね、それだけでシアワセですよ。グフフフ。


そうそう、くますけさんの所に子犬が来てるんですよ…。
先日の和散歩も一緒だったんですけどね(^^)
そのハナシは、また後日。



b0057675_10132511.jpg◆宣伝◆

チビズもモデルのラインスタンプはコチラです。
  ↓↓
「柴犬ざんまい」
by koryu_misumi | 2016-03-14 10:14 | Comments(8)
Commented by つるこ at 2016-03-14 16:29 x
ははっ。痴呆のさくらさえ、ご飯システムの変化を覚えると言うのにですか(笑)。
14歳まで新しい家のルールを覚えていってくれましたよ。

伸びしろが無いというか、年齢によっては、伸ばすというよりフォローしていく方が良いことはあると思いますけどね。

さくらはご飯が全介助になりました。
もともとしばらくしたら私が介助に入っていたのですが、自分で食べるのを諦めて私待ちになったんですよ。

ご飯を全介助…それを先の未来としていた時は、悲しいことと思っていました。
今は、お水もご飯も『共同作業』で、幸せな時間だと感じています(時間の都合上大変ではありますが)。

平蔵さんは大台まであと三ヶ月ですか。
まだまだ元気そうなので、安泰だと思いますけど、老犬は油断できませんからね(^_^;)
暖かくなってからのお誕生日、素敵な日になると良いですね♪
自分をわかってくれている時、幸せですよね。
本当に、それだけで。

お散歩の変化は、仕方ないですよね。
うちはもう小さな庭に立っているだけで十分なのかもしれませんが、私が行きたくて…
目と鼻の先の公園に行ってます。
草を踏ませてやりたくて。春ですし、たくさん匂いがあるんじゃないかなって思うんです。
ここなら、抱っこでも来られるよ、今年も一緒に桜を見よう、と話しております。
今年ほど待ち遠しい桜は、初めてかもしれません。

最近散歩していると、沢山の人から声をかけてもらいます。
足を怪我したの?ああ年なのね、頑張って歩いてるのね、私も歳をとってからは…犬も人も同じね、頑張ってね、って。
ありがたいことですが、ああ、さくらの歩き方が誰の目からも目に止まるようになったのだな、と思います。

私の近所にも黒柴の子犬がやって来ました。
心に染みるものがありますね。
Commented by ひかぽん at 2016-03-15 01:17 x
はじめてコメントしますが、以前ストラップをつくってもらった黒柴のひかるです。
3/14に19歳になりました(^^)
ひかるは耳も目もアウト+認知症なんでご飯も水も今は口まで持っていきます。
どこにどれだけご飯があるかわからなかったみたいで、一時期どんどん痩せてこのままかと思ったのですが、食べてほしくて試しに口に持って行ったら食べる食べる。
今では私の指まで食いついて気づいて離す、を繰り返してます。
平蔵君のご飯の話読んで思わずそうそう、覚えるよね~と笑ってしまいました。
今では自力歩行も無理なんで自家製歩行器を作成して乗せたら元気に歩いてますよ。
16歳なんてまだまだ若い!
ずっと徒然日記楽しみにしてますからね~
Commented by koryu_misumi at 2016-03-15 10:14
> つるこさん、こんちは!
ですよね〜〜!!ワハハハ(≧▽≦)
でも、専門家の言う事に惑わされる人がメチャメチャ多いのも事実なんですが〜。

勿論、若くて元気な頃と同じ、というワケには行きませんけどね(≧▽≦)
そのフォローがけっこう楽しいというか、老犬ならではのおもしろい所が沢山見つかって面白いと言うか。

さくらちゃん、つるこさんに全部お任せでゴハンを食べるようになったんですね〜。
実はつるこさんの後にコメント下さった方が似たような経験書かれてますよ。
それはそれでお任せにしたら、どんどん食べてくれるようになったんですと(≧▽≦)
食欲があるって素敵なコトですもんね〜〜!

平蔵もその内、そういう時がくるんだとは思いますが。。
やっぱり楽しい時間にしたいモンですね(^^)

そうなんですよ。人生と同じく、犬生も何があるか判りませんから!ワハハハ!
毎日を大事にご機嫌に暮らしてもらえたらと思います〜。
一応、目標は20歳なんですが(≧▽≦)/))

表情なんかホントに乏しくなったんですけど、やっぱり中身は色んな事を感じたり考えたりしてくれてるんだな〜って思います。
その中に自分がまだまだ居るって事が有り難いですね。

あ〜それ判りますワー!
ちょっと遠出をしたくなります。
平蔵もめっきり近場しか歩いてませんので…時々、若い頃に行ったあの場所まで連れて行ってやりたいな〜と思うんですよね。。
足腰悪くなってるくせに、土が凸凹の場所を歩いてみたがったり…ワタクシとママン様は「猛者・平蔵!」って笑ってますけど、やっぱりこけそうになるという(≧▽≦)
感覚が乏しくなりつつあるだけに、四季折々をもっとずっといっしょに感じていたい。と思いますワ。

我が家の散歩コースの人達も、、みんな何かしら声をかけてくれたり、車もすんごく徐行して見守ってくれたり。。
重機の音にビックリした平蔵の為に、工事現場の人が重機を止めてくれた事もあったり(≧▽≦)ワハハハ!
あったかいな〜って感じます。
そんなちょっとしたトコロに、ちいちゃな愛を感じますね〜。

おっ、ご近所に黒柴ッ子ですか。
そういう季節になりましたね〜!
そうやって、世代が繰り返し重なって行くモンなんですね。。
Commented by koryu_misumi at 2016-03-15 10:21
> ひかぽんさん、こんちは!
初コメ有り難うございます〜。

おお〜!憶えてます〜!
その節は有り難うございます(≧▽≦)
ストラップを作る際に写真を見ながら、「平蔵より年上なのに、こんなに元気そうで凄いなー!」って思ってたんですよ〜。

ひかるちゃんもお食事は全部お任せなのですね。
食欲があるってだけで嬉しいですよね〜!
平蔵は消化能力も徐々に落ちて来ているので、本犬は食べたがるんですが、沢山与えてしまうとお腹を壊してしまうんですよ〜〜。
可能な限り消化しやすいように、とあれこれ工夫の毎日です。
指に気づいて離す!というのが良いですねー!
我が家は気をつけないと「タンパク質として食べられる!命がけ!」なんて笑いながらあげるくらい、ガッツキます…とほほ。。

自家製歩行器!!凄いですねーー!!!
そういうのも、いずれ考えなきゃいけなくなるんだろうな〜。
でも散歩は大好きですので、そうやって散歩したいと思いますワ(≧▽≦)
平蔵もひかるちゃん目指して元気で長生きしてもらいたいです〜!!
有り難うございます〜!
Commented by RUPIKA at 2016-03-15 11:23 x
くますけさんのお家の子、子犬なのに写真からもわかる器の大きさ。
うちの犬には全くなかったものですー!笑
この子がうちに来ていたら、ちゃんと育てられなかったかも。。
ビビり、ヘタレのらっきーでよかったです。
リーダーになれる犬は飼い主もその素質を持ってないと
本当に大変な事になるだろうなと思います。
リーダーがリーダーとして認めるわけですもんね。
人だって、自分の上司が自分より出来ない人だったら、
その下にいたくないですもんね。
実は最近、友人のところに保護犬がきていて
家族になるトライアル中だそうで、そんな大事な時期に
遊びにきていいよと言ってくれたので、いってきますー!
Commented by koryu_misumi at 2016-03-16 12:17
> RUPIKAさん、こんちは!
寛蔵はなかなか面白い子ですよ〜(≧▽≦)
あのヤンチャ具合、器の大きさ、頭の良さ、タマリマせん。
案外、こういう子は外飼いにしておいて、ニンゲンが過干渉にならなければ安定するもんなんですよね〜。
室内飼いでも偏った接し方さえしなければ、人が無理してリーダーにならなくても、犬そのものがどっしり落ち着いてくれるタイプ。
ただ、、、やっぱり子犬の頃は自由奔放で叱られても効きにくいので、その辺は気をつけた方が良いでしょう。ワハハハ!
てか、その自由奔放さを受け入れる余裕があるか、ないか、ってトコですね。

そういう子に会いに行かれるんですね(≧▽≦)
わ〜それは思う存分転がしてやって下さいな!ワハハハ!
Commented by ナノスケの保護者 at 2016-03-18 16:19 x
ランさん(先代)に「座れ、伏せ、待て、付け」を教え始めたは七歳になってからでした。ゴンザレスがパピー教室に通い始めたので、ランさんも覚えるかな〜とやってみました。パピーに比べれば時間はかかったけど、覚えましたね。元々、日本犬特有の(紀州犬雑種)私の指示の先読みをしていたけど、そこに形がついた感じですかね。

くますけさんの家の子犬を見て、ランさんの子犬時代を思い出しました。無邪気で元気で人間が大好きだった頃。私はランさんを壊しました。1歳〜7歳になる前、ゴンザレスが来る前ぐらいまで、ランさんに無関心になっていた時期があります。何でかは自分でも分からない。散歩、餌やり、世話は普通にしていたけど、愛情が湧かない。ゴンザレスが来て、ランさんとの関係を見直して、でも結局、ワンオーナードッグにしてしまいました。私に対する執着心を直せなかった。それでいいとその頃は思ってましたけど、「他人にハンドル出来ない犬に育ててはダメだよね」と最近は感じます。

初代ミックが、親父さんの勤めていた会社で飼われていたニワトリ(警報機)を追い掛け回して、番犬のシェパードに鼻先をガッツリ噛まれた時、ずっと唸っていました。気が強いせいと思っていたけど、シェパードの圧も足りなかったのか?
ゴンザレスが、裏庭に繋がれていたランさんに背中をガッツリ噛まれた時は、悲鳴をあげてましたが、あれは私を呼ぶためにわざと泣かせましたね。以来、ゴンザレスはランさんが居るところでは、ヤンチャしなくなりました。
Commented by koryu_misumi at 2016-03-19 10:04
> ナノスケの保護者さん、こんちは!
7歳なんて、余裕で色々憶えてくれますよね〜!
以前、犬相談で「もう8歳なんですけど…」なんて飼い主さんが言われたんですが「全然余裕ですよ(≧▽≦)/」と即答しましたもんねーワハハハ!
あとは関係性の問題が大きいとは思います。
「この人の言う通りにしてやるもんか!!」と犬が感じているなら、なかなか進まないでしょうね〜。

寛蔵可愛いですわ〜ワタクシも子犬を見る度に、ウチのチビ達の子犬の頃を思い出しますよ。

「何でかは自分でも判らない」と言われている、ランさんに無関心になっていたその時期…。
その「何故か?」を自分なりに捜してみると、今後の暮らしの役に立つかと思いますよ〜。
犬は飼い主の鏡だったり、家族全体の鏡だったりします。
ワタクシが受けた犬相談でありがちなのは、飼い主さんが別件で心理的にいっぱいになっていて他者(犬)の事に気を配る余裕が無かった、等があります。
でも、後々そこに罪悪感を憶えていると、その先が進まない傾向があるみたいですね〜。

それに、日本犬の血はワンオーナードッグになりやすい傾向があると思うんですよ。
ワタクシは、それは日本犬の長所でもあり短所でもあると思います。
保護犬の場合、なかなか里親が見つかりにくい要因でもある、とは思いますが…ワタクシはそういう所は嫌いではアリマセン。
ニンゲンそのものを信じて愛する事を理解出来ていれば、他犬種より確かに時間はかかっても他者に心を許す事が出来ると思うからです。

シェパードに鼻先をガッツリですか(≧▽≦)ワハハハ!
噛まれたまま唸っていたとしたら、完全に負けたと思ってなかった。という感じがしますね。
実際に見てみないと確証は無いですけど。
ゴンザレス(君?ですよね?(≧▽≦))はランさんに頭が上がらないんですね〜。
そんなにヤンチャだったのかなーーワハハハ!