柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(634)
(162)
(117)
(107)
(22)

ブログジャンル

犬
日々の出来事

画像一覧

宇佐へGO

b0057675_10222557.jpg

ワタクシ、昨日は大分に行ってきました(^^)
恒例のホームピーナッツの愛護相談会ですワ〜。

実は金曜日にお嬢を病院に連れて行ったのですが(カイカイ経過チェック)、その時急患が入っておりまして、、。
替わりに昨日はママン様にお願いして行ってもらったら、待合室には患畜と飼い主さん達がワンサカだったそうです。

b0057675_10252352.jpg

んで。
ひとりひとりクンクンさせてもらって「オリコウさんね〜」と褒めてもらったそうです。

で。。。



「可愛いねえ〜、何ヶ月?」と言われたそうです。

わはははは!!!!


いつものコトですが。。。
彼女の精神年齢の低さが、全身を取り巻くオーラに出てるんじゃろか(≧▽≦)

b0057675_10305756.jpg

さて、話は戻って。

相談会の会場には、保護犬が連れて来られておりました。
名前はもも。
元野良犬ですワ。
どう見ても柴犬です。


野良生活をしてきたイヌならではの行動…というか、、。
あ〜ちょっと野生生物してるかも?という。。

モモがどこまで野良かは、ハッキリしませんが。
ぶっちゃけ、スタッフにこう言いました。
「こういうタイプの犬で、野良がホントにしみついてると、完全に"家庭犬"になるのは難しいかもしらんよ」と(≧▽≦;;;)

b0057675_10375544.jpg

UFOではアリマセン、夕日を浴びた飛行機と飛行機雲

野良ならではの色んなアレコレ…行動等…について、ピーナッツのスタッフに尋ねられたんですが…。

これは、消す事は難しいんですわ。
いや、難しいというか消す事は出来ないのでは…。とワタクシは思うんですよね。

「こういうタイプの」というのは、野性を強く持っているタイプという事です。
同じ野良でも、犬種的にあまり野性の残ってない犬は、目覚めてもその度合いが違うと思うんですワ。

で、スタッフに返した返事は、こんなんだったかな。
「これは元々、イヌの中にあるモノなんですよね。
それが、野良生活で"目覚めた"だけ。
一旦目覚めたものを眠らせる事は出来ない…と思う」

裏返せば、家庭犬は、家庭犬として暮らす事で野性を目覚めさせずに済んでいる部分が大きい。と思うんですワ。

b0057675_10430963.jpg

チョウゲンボウ撮影失敗(≧▽≦)尾羽のみ

、、、と、不安要素を書いておきながら(≧▽≦)

ただ…。
ワタクシ的な感覚なんですが、伊佐蔵と比べてみると、そう大差無いような。

そう心配する程ではないのでは?

、、とすると、伊佐蔵並に良い子として暮らせる可能性も。
いや、伊佐蔵のようなタイプが好きなヒトなら、案外。。。。

、、、、。

、、、、、、、。

いや、伊佐蔵も昔「普通のヒトには飼えん」と言われた過去はありますけどね!!!わはははは!!!

b0057675_10575657.jpg

相変わらずチョウゲンボウ撮影失敗

実はこの日、隣のランに某欧米犬種が遊びに来ておりまして〜〜〜。

野性とは、ほど遠い、これらの犬種に顕著な性質をモロ出しにして、こちらのランに執着しまくって高興奮度でゼハゼハ言ってるのが聞こえていたり〜。
時々、フェンス越しにファイトし合う姿(こちらのランのイヌ達相手ではない)を見て飼い主さん達が大笑いしていたり〜。。

、、その対局にある状態を尊ぶ元野良犬が、その雰囲気を好むはずも無く(≧▽≦;;;;)

ワタクシも思わず口をあんぐりしながら眺めてしまったりしましたが。
なかなかオモシロイ状況で、モモを観察する事が出来ましたよ、はい。わははは!

b0057675_11093093.jpg

しつこく田んぼの中のチョウゲンボウ

確かに、"ヒト"と積極的に繋がろう…という感じはあまり感じられませんでしたが、、。
ワタクシがイヌ的態度で接すると、ちゃんと応じておりました。
ヒト対イヌ、というよりは、イキモノ対イキモノだとウマく行く感じ(≧▽≦)

この日も、ランの中を支配しようとアレやらコレやらの行動を見せていまして。
…書きませんが(≧▽≦)
とりあえず、その度に臨時のボスとして「ここはモモが仕切る必要は無い」という事を伝えました。

すると。。
ワタクシが近づくと、さっと場を譲り。
聞こえない程のうなり声を聞かせると、はっとしてワタクシの目を見てすぐに伏せ、数歩後ずさり。
胸を軽く撫でてやると、ワタクシのオマタの前に頭を下げて、ワタクシへの態度を示し。

と。
彼女が尊重するモノの言う事なら聞く感じ。。。。

b0057675_11175292.jpg

ミサゴさん

まあ、ほんの短い時間で出来る事は限られてますので。。
ワタクシがその場を留守にすると、アレでしたけどね〜アハハハ。

彼女のアレやらコレやらの行動は、実際、普通のヒトが目にすると危険な気がするかと思いますが、、。
それはただ、彼女がひとりで生きて来た事で学んだ行動であって、本当の意味で「危険な犬」ではアリマセン。

何かに狂ったように執着したり心理的に歪んでいだり、という点は全く無く、心理的にはバランスが取れていて、犬世界の道理はよ〜く判ってます。

その行動をひとつひとつ「今はもうひとりじゃないんだから、しなくていいんだよ」と伝える事が出来る人なら、、。
伝える為に、彼女の上にしっかり立てる人なら、、。

きっと素敵な暮らしが出来ると思いますワ。

b0057675_12004203.jpg

良い縁が繋がりますように。。
チョイ前に撮っておいた曙〜。

b0057675_12004576.jpg

幻日がチラリ。

b0057675_12004853.jpg

反対側御山のふもとにもチラリ。

b0057675_12005187.jpg

美しい日暈〜。



b0057675_11574823.jpg◆宣伝◆

チビズもモデルのラインスタンプはコチラ〜。

>>>「柴犬ざんまい」
by koryu_misumi | 2015-11-22 11:59 | Comments(4)
Commented by 珊瑚&銀牙パパ at 2015-11-22 20:34 x
ももちゃん、そんな過去があったのですか(T ^ T)
いっちゃんと同じくらいの野性、、、
ン〜想像〜〜
スズメをシトメルくらいの野性って凄い!
我家の4柴には無理、、、せいぜい平和ボケしている鳩くらい
あ、過去に光牙がカラスと鳩を叩き落としたくらいかな(o^^o)

リードを持っていなくても
なんとなく4柴の、その時のリラックス感や緊張感は
そんなに離れていなければ感じる事は出来ますが
我が家以外のワンコのは分かりにくいと思いますが
ん〜〜
少し感じ取る時間と、その距離があれば
受け入れて貰える感じを持てると思います。

幸せな気分にしてくれる珊瑚嬢のオーラを感じたいです(o^^o)
あ、平蔵殿といっちゃんのオーラもー(*^◯^*)

Commented by koryu_misumi at 2015-11-23 08:54
> 珊瑚&銀牙パパさん、こんちは!
日本犬は案外サバイバル出来る子が多いような気がしますワ〜。
ももちゃんも、もし室内犬にするとしたら…夜中に食べ物捜して家中捜索しそうだし、テーブルの上とか上がっちゃいそうだし、サークルなんて簡単に飛び出しそうだし…(≧▽≦;)アハハハ。
小さいイキモノを見る目は確かにハンターのものですよ。
それに、自分のスペースがとても広かったり。

誰でも沢山の子を「意識して」見比べていれば、その内見分けは出来るようになると思いますよ。
犬に自分が受け入れてもらえるかどうか…は、自分自身を良く知る事がまず先ですけどね〜(≧▽≦)

珊瑚はいつまで立ってもオコチャマで可愛いですよ〜。
平蔵はもう誰も逆らえません(≧▽≦)わははは!
Commented by Pのあわてんぼう at 2015-11-23 23:12 x
先日は、はるばるUSAまでお越しいただきお世話になりました。
野生タイプのもものことも色々と発見があり、その場の実体験と合わせて肌で感じることができてとても貴重なひと時でしたわ!
一度、和散歩会に参加したなあという希望もいつしか叶えたいですわ~

この前、大分の歴史資料館で「イヌと人の歴史」を見てきました。
古い歴史から犬を知るのもとても面白く参考になりました。
色んな角度からの犬学、やっぱり楽しいです(^^)v
時に、自分磨きも必要ですね~

今回の相談会でも香龍さんパワー、ありがとうございました。
また、お会いしましょうね~(^.^)/~~~

Commented by koryu_misumi at 2015-11-24 09:35
> Pのあわてんぼうさん、こんちは!
USAに行くの毎回楽しみなんですよ〜。
ももは良い子ですよ(≧▽≦)
でも中途半端な同情や接し方は禁物でしょうかね〜。
サバイバルしてきた子相手に、サバイバル経験もしてない我々が安易な感情移入をしても、嫌がられるだけですもんね。

そうそう、犬のウンコの化石の、、更に、その中の寄生虫の化石の話!
めっちゃツボにはまりましたよ〜わははは!!!
いや〜どういう角度から犬を見てもオモシロイモンですね(≧▽≦)

当日はお天気もいい感じで良かったです〜。
メンバーにも会場に来てくれた方々にもお役に立ててなによりですワ。
ももが今、とっても良い子に過ごしているらしい事も、嬉しいですよ〜!