柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(652)
(172)
(127)
(110)
(24)

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

道を見失わないように

b0057675_20430094.jpg

久しぶりの投稿ですが…。
書いているうちに長文になってしまいました(≧▽≦;;;)アハハハ。

しかもドタバタ中なので、ろくに推敲しておりません。
でも投稿しちゃうけどね(≧▽≦)ウヒ。

*****

先日、、17日の土曜日は和散歩会でした。

お天気が良かったため、日陰で何度も休憩しながら、楽しく歩かせてもらいました。
、、てか、あまりにもお天気良過ぎて、帽子からはみ出した耳がヒリヒリする程でしたよ〜、わははは!!
参加者の皆様&犬達、スンマセンのぅ、ワタクシ晴れオンナなんです…(≧▽≦;;;)


さて。
その和散歩会で歩きながら皆様とオシャベリをするワケですが…。
今日はその中の会話からハナシを膨らませてみました。

b0057675_20451372.jpg

参加者の中に、T君とその飼い主さんがいらっしゃいます。
ご縁があって和散歩に参加されているんですが…。

T君の行動に「これは注意した方が?」「これは良くないのでは?」と感じてしまう飼い主さん…。

T君は、和散歩会中とても良い子で、他の犬との接し方も全く問題なく、いい感じにリラックス出来てる子なんですよね。
見ていても、取り立てて注意する程のものでもなく、どちらかというと微笑ましい感じ。


だもんで、、。
「私達は、警察犬と暮らしているワケじゃないんですよね。
小さな家族と暮らしてるんだと思うんですよ〜」とおハナシしました。

飼い主さん、ちょっぴりハッとされたようで「そうなんですよね…」と。。
「私は、ずっとTの事を”こうでなければならない”、”あれをさせてはいけない”、etc...って思ってました。
でも、違うんですよね」

「そりゃあ〜…どうしても、"凄いお手本"を目の当たりにすると、大抵の人はそうなっちゃうモンなんですよ。
でも、今はもう"違う"って判っているから良いじゃないですか(≧▽≦)」

b0057675_20561752.jpg

”凄いお手本”
というのは、T君が以前ずっとお世話になっていた専門家とその犬の事です。


これを読んでいる皆様は既にご想像かと思いますが、その犬は勿論、和犬ではアリマセン。
ヒトの指示に従う能力が高く、それを至上の喜びとするタイプの欧米犬種がありますが…まあその中のひとつです。

そう、まさに警察官と警察犬のような、、。
普通のヒトが見れば、一瞬で圧倒される程の関係を見せてくれるんですな。

これこそが人と犬の関係だと信じて疑わなくなる程のエンターテイメントを、です。


いわば「カリスマ」というヤツですかね。

上記に「一瞬で圧倒される…」と書いているように、、。
カリスマは、凄いパワーを放射しますが、それを受ける側は用心しなければ簡単に思考を奪われてしまいます。
同じようになりたい。と思わせてしまう。
同じようにならなければならない。と思わせてしまう。
更には、同じもの以外に対してダメ出しをする程に染まってしまう。

多くのカリスマは、他者の思考を奪う事に関して、それを思い遣るような事はしません。
それは、受ける側の"勝手"だと。
勿論、自分のパワーの及ぼす影響の強さを自覚し、受け手側を思い遣る方もいらっしゃいますけどね。

b0057675_20581728.jpg

人間社会でも多々見かけますわな。
カリスマ性の高いヒトの周りに集まる人々が…見た目や思考や行動が同調していく様子は、誰でも目にした事があるかと思います。

同じようなファッションや髪型になり、同じようなしゃべり方になり、同じような価値観や思考性になり、同じような文章を書くようになり、同じような、、、、。
いわばカリスマの「コピー」になろうとする姿を。。

そういう様子を見る度に、そこでどれだけ大事な大事な世界でひとつの個性を、没している事かと思います。

が。

…どれだけそのカリスマを追い求めたとしても。
コピーがオリジナルを越える事はあり得ない。

だって、コピーの主は自分自身ではなく、そのカリスマなんですから。
他者を主とする限りは、自分自身に向き合う事もアリマセン。
自分自身を主として、無限に成長出来る可能性を誰もが持っていると言うのに…ね。



というわけで。
そうやってカリスマ性によって、思考を奪われた飼い主さんは、T君の個性を没する方向へと向いてしまっていたんですね。
"凄いお手本"のような飼い主と犬にならなければと…、そうでなければならないと…。

T君が本来もって生まれた、T君(個)らしさを封印し。
「犬道!!シバツレ流5」に書いたように、マニュアル通りの犬に仕立て上げるように…。

しかし、そこに通う事でそれまで抱えていた問題が一旦は改善したように見えて…実のところは水面下で悪化していた。。
結局、それで「気づき」を得られ、和散歩へ辿り着く事になったんですけどね〜。

b0057675_21002565.jpg

「犬は飼い主の喜びを自分の喜びとする」と、ある有名な専門家が言っているのをテレビで見た事があります。
当然、その犬にとっての「主」は、飼い主。
主の喜びこそが犬の生き甲斐なのだと…。


でも、、ワタクシには、どうしてもそれをそのまんまスッキリと受け入れる事が出来ないんですよね。。


地上の全てのイキモノは、誰の為に生きているのでもなく、自分自身の為に生きている、とワタクシは思うんですワ。

野生なんてまさにそう。
自分が生き延びる事に必死で、どれだけ他者に干渉する余裕があるかと思いますワ。
それどころか、他者の喜びの為に生きるイキモノが自然界に存在するでしょうか?


確かに、犬は飼い主の喜びに共感してくれます。
…でも、だからといって、共感する相手を選ぶココロの自由を失ったわけでは無いと思うんですよね。

その選択の意思すら改造され、自然から遠ざかった犬種ならまだしも。
野生の強い和犬は、尚更かと。。

b0057675_21040072.jpg

相手が共感に値しないと感じた時…犬は素直にそれを表現する。
自分はどこかの犬のコピーではないのだと。
世界に一匹しか居ない…自分自身を曲げるつもりは無いのだと。

それは裏返せば、ただ、、素直に、ありのままの自分自身を受け入れて欲しい。。という事の現れではないでしょうか。
まさに自分自身を主として生きるイキモノだからこそ、と思うんですワ。


それを、共感する相手を選ぶ意思の自由すら奪って、こちらの事は棚に上げ、何が何でもこちらに共感しろ!って。。。

でもまあ、、考えれば、常にそれが可能となる犬を相手にしていれば、その行動は理解出来なくもありません。。
それが”当たり前”の暮らしをしているのなら、"当たり前"以外の事について考える必然性は無いですもんね。

想像するに、"凄いお手本"のヒトは、和犬を相手に同じ価値観を押し付ける事の意味について考える機会が無かったのかもしれない、、と思うんですワ。


「世間には”柴犬お断り”という専門家もあるそうですけど、そっちの方がずっと良心的だと思うんですよね。
それならそれで、こっちは和犬が判るヒトを捜すだけなんですから。
和犬が判らない事を隠して引き受ける方がよっぽど。。。」

「ホントにそうだと思います」

b0057675_21043369.jpg

ある日から…。
T君の飼い主さんは、押し付けられた価値観でT君と接する事を止めたんですよね。

自分が「凄いヒトのコピー」でいる事と、T君に「凄い犬のコピー」でいさせる事をやめ、、、。
自分自身の感覚でそのまんまのT君と一緒に散歩する事を始めたのです。

それぞれが自分自身を主とした、ひとりの人と一頭の犬として散歩する事を始めた。


見抜く犬は、飼い主が主であるかどうかを見抜きます。
犬の主としてではなく、その人が、自分自身の主であるかどうか。

どうしてヒトはイヌと暮らしてるんだろう?…」に書いたように、、それこそが、素直なその人の姿だからです。
何処かの誰かに与えられた価値観ではなく、素直な本人のココロの眼で自分を見ているかどうかを、犬はちゃんと感じ分ける。

そして…犬は共感する。



地上の全てのイキモノは、誰の為に生きているのでもなく、自分自身の為に生きている、と思う…と上に書きました。

ワタクシはいつも思うのです。
、、個々は個々を主として、その、世界にひとつしか無い王道を歩く。


この「主」は、群れ(集団、社会等)が必要とする、「主従」の「主」とは、全くベツモノだと思うんですワ。

「個」以上になれば、それは集団(群れ)だと思います。
たったふたりでも、その関係のありとあらゆる状況で、それに応じたチカラ関係(強弱・主従関係)が生じる。

集団が大きくなれば、「一部の主」と「その他の従」のカタチが生まれる。
誰もが集団の「主」となれるわけではアリマセン。
ほとんどは「従」ですワ。

しかし、その集団の為に「従」に供する事を、、自らを主として自分の意志で選択する事と、自らを主とする事を放棄する事とはベツモノなのだと、、思うのですよ。

b0057675_21070744.jpg

和散歩参加者の方々からの頂きもの(≧▽≦)有り難うございます

ヒトとイヌは、確かに主従の関係かもしれません。
しかしそれは、群れとして在る為に必要な主従でしか無いのです。

それ以前に、我々は…ヒトもイヌも個である事を、、世界にたったひとつしかない大切な個である事を、、どうか見失わないでいてくれたらと、ワタクシは願います。


自分自身の王道を歩いているか。
アナタの主はアナタ自身か。

スマホを主としていないか。
どこかの誰かを主としていないか。


空を見上げ、風のニホヒを嗅ぎ、大地を足の裏に感じ、、傍らの犬と共感して笑い合う為に。

b0057675_21111582.jpg




b0057675_21172374.jpg宣伝(≧▽≦)/
チビズもモデルのラインスタンプはコチラ〜。

>>>「柴犬ざんまい」
by koryu_misumi | 2015-10-23 21:15 | 犬道!!番外編-長文 | Comments(8)
Commented by 珊瑚&銀牙パパ at 2015-10-24 09:59 x
素敵な言葉(o^^o)
ワタシも心の底から共感します。

空を見上げ、風のニホヒを嗅ぎ、大地を足の裏に感じ、、傍らの犬と共感して笑い合う為に。

ワタシ、しょっちゅう自分の道が分からなくなってますが、
引き戻してくれたり、気づきを与えてくれる5シバが居ます。

やっぱり、和散歩に参加したいですー(o^^o)
Commented by koryu_misumi at 2015-10-24 21:14
> 珊瑚&銀牙パパさん、こんちは!
犬と一緒に暮らしているだけで、こんなに自然界の素晴らしさを再認識出来るんですもんね〜。
ワタクシ、ニンゲン社会だけだったら、もっとずっとココロが真っ黒クロスケになっていたに違いアリマセン(≧▽≦)
当たり前のようにある世界のステキさに気づく事が出来てシアワセモンですワ〜。

ワタクシも年中迷ったり袋小路に入ったりですよ〜。
でも、、「判った」と思い込む事程、恐ろしい事は無いと思ってます。
チビズと一緒に、楽しく迷って楽しく悩んで生きて行きたいなー(≧▽≦)
Commented by くますけ at 2015-10-25 08:04 x
カリスマも
マスターも、、、、

エネルギーの強さはきっと同じなのに、マスターって存在は
なんだろ、、、、エネルギーを撒き散らすことはせず、
エネルギーの強さを自覚しているからこそ、
自分自身を律する強さもあると感じます。

マスターが持つ自分自身を律する強さには気づけないほどに、、、、
カリスマの放出するエネルギーにすぐ目が行ってしまうのは、
それだけ既に自分自身を見失っているヒトが多いのでしょうね。
ワタシもそうでしたが(笑)

こんなことを口にするのはなんですが、、、、

今まで、とても多くのヒトから【アナタにはカリスマ性がある】と言われてきました。

自分ではエネルギーを撒き散らしている自覚は全くないのですが、、、、きっとそうだったんでしょうね・・・。

今ではそう言われることが無くなったので、
すっ、、、少しは、自分自身を律する強さが培われてきたのかな。。。。

何よりも、ワタシの主はワタシである生き方ができるようになってきています。

香龍さんは、ワタシのマスターですよ。

カリスマではなく、マスターを選んだ自分を褒めてあげたいです。

危うさ満載の弟子ですが、これからもよろしくお願いします(≧∇≦*)
Commented by koryu_misumi at 2015-10-25 10:52
> くますけさん、こんちは!

私達は、お互い影響し合いながら暮らしていると思うんですよね。
誰もがそんなチカラは無いと思い込んでいるだけで、他者に影響を及ぼすエネルギーを実は持っている。
ただ、その強さは個体差があるようですけども。。

強いエネルギーに多くの人が吸い寄せられるのは、ごく当たり前の事だと思います。
また、強いエネルギーを持っている人は、その自覚がある人が多いように感じます。

そのエネルギーが他者に及ぼす影響についての、認識の違い…ってトコでしょうかね〜。

自分には強いエネルギーがある。と、自覚した瞬間に、自信も生じるけども、同時に「おこがましさ」の罠も生じる。

自分のエネルギーの、大勢の人生への影響を高みから眺めて悦に入るヒトも居れば、大勢の人生に干渉する事の恐ろしさに身を縮めるヒトも居る。
まあ、どちらにしても、自分の行動が引き起こした事への責任が生じるのは変わりない、とは思うんですけどもね(≧▽≦)

自分の王道を歩く事の大切さを知ったヒトは、他者に別の道を歩かせるようなマネはしないんですよ。
大切さを知るからこそ、その人にも、その人にしか歩けない王道を歩いて欲しいと願う。。

くますけさんは、今、ちゃんと自分の王道を歩いているでしょ(^^)
Commented by くますけ at 2015-10-25 12:59 x
カリスマを師匠にするのではなく
マスターを師匠に選んだ自分を褒めてあげたい。
ってコトですからね~~(* ̄∇ ̄)ノ

王道を歩けてますか?

そのわりには、どーしても自己肯定感が上がってきません。。。

パッカーンと外れる日は来るのかなぁ~~
Commented by koryu_misumi at 2015-10-25 17:34
> くますけさん、こんちは!
くますけさんがマスターを選ぶ事そのものは、すご〜く素敵な事だと思うんです〜。
惑わされないって、凄い事。

、、、が!!!
ワタクシはマスターどころか、まだまだ勉強中の身ですがな〜(≧▽≦;;;)
言ってくれている事はとても有り難いけど、「ハイそうです」とはとても〜〜〜汗。

くますけさんは輝いてますよ(≧▽≦)
自分の道を歩いてるの…周りのヒトはみんな知ってます。

うーん。
突然パッカーンじゃなくてもいいんじゃないかなあと個人的には。。
気がついたら「あれ?いつの間にか…」って感じでもいいんじゃないかなあ。
Commented at 2016-04-03 21:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by koryu_misumi at 2016-04-05 11:58
> 匿名希望Cさん、こんちは!
お〜そうなんですねー!!T君可愛いでっしゃろ(≧▽≦)
アチラからおハナシ聞かれたんですか〜。
実を言うとT君だけの話でもないんですよ…ワタクシは他にも似たようなヒトとイヌに会って来ております。。
カリスマって、単純にWikipediaで検索してみると、面白い事が書いてありますよ。
カリスマの問題点について「カリスマに引き寄せられた者は、自己と向き合うことを避け、検証能力を持たなくなる(カリスマに自己を委ねる)」って。
そのまんまでですねえ〜。
人々をそう操る事に、生まれつきセンスを持っている人って世の中に沢山居るんですワ。
そして、それにハマりやすい人も(^^;)
そういうイヤな光景をワタクシは沢山見て来てます…堕ちてしまう人、不幸になる人…。
そうなってくれる人が減って欲しいという想いもあって、シバツレ書いてる部分もあるんですよ。
例の人も、何年も前から「この人はこうなっていく」と身近な人には言っていたんですが、、やっぱりなっちゃいました。。
なんだかやるせないですねえ。。
でも、聞いてくれる人には全力で応援しますから〜〜〜(≧▽≦)/