柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(673)
(185)
(133)
(116)
(28)

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

ワタクシ的、器の大きな犬2

b0057675_106557.jpg

前回からの続きです~。
「ん?何々?」という方は前回から読んでくださいませね~。
長文ですよ、、、お覚悟(≧▽≦)



さて。
既に書いたように、器の大きな犬は、喜怒哀楽によって起こされる興奮の、限界レベルが高い。
裏返せば、感情を揺さぶる出来事に接した時に、冷静さを保てる能力が高い。
少々の事では怒らない、イライラしない、焦らない、ビクビクしない、落ち込まない、メソメソしない、ガサガサ動き回らない、、堂々と、静かで、穏やかで、無駄な行動はしない、、。

「犬道!!シバツレ流(1)」に、群れを率いる条件について、ゴチャゴチャとワタクシの考えを書きましたが、まさにその条件そのもの、でもあるのですよね。

多頭であれば、そのトップに据えるにふさわしい犬。と言えるかと。

b0057675_107515.jpg

ナンジャモンジャ

勿論、野生では、ただ、器が大きい「だけ」では、当然トップの座は務まりませんわな(≧▽≦)
器が大きいのに加えて、迅速な行動力判断力、、等、群れを率いるのに必要な能力も求められます。
いくら器が大きくても「ぼ~~~~~」っとのんびり屋さんよりは、同じ器のサイズでも、そうでない子の方が、よりトップにふさわしいのは当たり前かと。

柴犬なんぞは野生が強く残っていますので、、、器の大きな犬は、必然的にリーダーシップ能力が高い素質を持っている場合が多いように感じます。
犬種によっては、その自然界の必然性が、既に必然性ではないものもあるようですが。

ただ、家庭犬の場合だと、野生程、群れ的に精度の高いモノを要求されるワケではありませんので、、。
器の大きなノンビリした犬をトップに据えても、全然ノープロブレムだと思いますよ~。
逆に、そんなホンワカした群れってのも、、いいですね~~想像するだけでワタクシはニンマリですワ(≧▽≦)


要は、どちらにしろ、多頭のトップに据えるなら「器の大きい犬」にするに越したことは無いと思う。という事です。

b0057675_1010253.jpg

「堂々と、静かで、穏やかで、無駄な行動はしない」そういう犬を据えると据えないとでは、群れ的に大きな違いがあります。
裏返せば、「無駄な行動をする」犬を据える事で、群れ全体の安定が揺さぶられる可能性が高まる、と思うからです。


例えば、、、器の大きなトップの犬は、支配性を誇示する必要のない状況で、わざわざ「自分は偉いんだ!」と誇示する事すら、しないんですよね。

解りやすい例えだと、、子犬達を相手に、普通、オトナ犬はわざわざ偉ぶってみせたりしませんよね。
子犬に偉ぶるのは、、同じ子犬だったり、、ちょっとだけ年長さん、だったりしますよね(≧▽≦)つまり、立場が近い相手が偉ぶる。

オトナ犬達は、子犬達が必要とするしつけ…限度を超えた甘噛み等には速攻で厳しく叱る事はあっても、、、自分の身体の上に子犬達があがってヌクヌクと寝たりする事にはあまり厳しい事を言いません。
オモチャの取り合いっこで遊んでやっても、子犬にオモチャを与え、勝ちを譲ったりもします。

「子犬の時期は特別だからでしょ」と思われるかもしれませんが、、、、。
子犬に限らず、天然ボケ(ありていに言えば、ちょっと足りない子)や、器の小さな子にも、、器の広い犬は無駄に偉ぶったりしないんですよね。
、、、なにしろ、そういう相手を前にしてみれば、ハナから「どちらの器が大きいか」なんて決まり切ってるから、だと思うのですよ。


これを、ワタクシは「甘えを許す」という言い回しで表現しております。
もう昔からコメ返し等で何度も使ってきた言い回しですので、「あ~」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが。

b0057675_10113381.jpg

ちなみに。
「甘えを許す」、、これは、順位とはあまり関係無いようです。
単純に器の差なのかな~と。
大きな素質を持って生まれた子でも、、子犬の頃はまだ器の中いっぱいに満たしているワケではありませんので、未完の器扱いかと思います。

順位と器の大きさは、、関係はありますけども、そのまま「=」では無いんですよね。
野生でも、トップが変われば群れ全体の位置関係が変わる事はあるようで、、単純に器が大きい順がそのまま順位ってワケじゃないみたいです。
まあ、、けっこうボスの好みで決めちゃったり、、とか(≧▽≦)

ニンゲン世界の会社を想像してみればよく判るかと思いますワ。

役職の高さが、必ずしもその社員の人間性が優れている事を証明するワケではありませんよね。
ただ、やっぱり有能(仕事の能力&人間性)な人であれば、肩書も高くなりやすいでしょう。
、、でなければ、、それを決める社長や上位陣の能力が疑われます。

同様に、野生でも、、あまりにも理不尽な群れを作ってしまったら、それだけ下剋上や離反を招きやすくなるでしょうから、、器の大きな個体が上位陣になりやすいってのは、、同じかと思いますワ。

b0057675_10122848.jpg

我が家の場合だと、、。
珊瑚は、皆様ご存知の通り、チビズの中では「器の小さな存在」。

その気になれば、平蔵も伊佐蔵も、珊瑚を打ちのめすのなんか朝飯前ですが、、、珊瑚には色々と寛容なんですね~。
平蔵にも伊佐蔵にも「甘えが許されている存在」だと思うんですよね。

平蔵と伊佐蔵のどちらが、より寛容か、と言えば平蔵です。
「A、平蔵と珊瑚の器の差」>「B、珊瑚と伊佐蔵の器の差」
Aの方が値が大きい、、、それが寛容の度合いに出ているのですワ。
、、、子犬が子犬に偉ぶる例に書いたように、立場が近い方が寛容の度合いが低くなる、という。

既に書いたように、そうやって、時に珊瑚の言い分が通るから、といって、珊瑚の順位が平蔵より「上位」というワケではありません。
珊瑚より器の大きな伊佐蔵は珊瑚より上の立場か?、、というと、これも順位的には珊瑚が上。
これは、ワタクシ(社長(≧▽≦))が順位をそう決めているせいです。


伊佐蔵は、本当の意味では自分の方が珊瑚より強いし、器も大きな事はよ~く承知です。
ワタクシが、器の大小関係なしに、珊瑚を上に置いている事もよ~く承知。
その上で、珊瑚を尊重してやっているのが、見ていて良く分かるんですな、、まあ、珊瑚が偉ぶるのを許してやってる。
、、たまに、それを逆手に珊瑚をからかったりする事もあるんですが~~あははは、、、勿論、叱られますけどね(≧▽≦)

b0057675_101476.jpg

面白いのは、そのようにして「甘えが許される個体」は、有事の際には必ず、「甘えを許している個体」に保護される側に居る、という事です。
これは、ワタクシが体験してきた限り、ではありますが、、その経験の中で「例外」が無かった事は確かです。


チビズに何か事が起こった場合、平蔵と伊佐蔵が保護する側。珊瑚は保護される側。なんですな。
(一応ワタクシも居ますが(≧▽≦))

実際、ひとりの時に何かが起きたら、珊瑚はもー真っ先に何もかも放り出して逃げようとしますし~、わははは!


ところで、、平蔵にとって伊佐蔵はどうなのか?と。

平蔵は、オトナになってしまった伊佐蔵に対して、甘えを許していません。
平蔵と珊瑚の器の差に比べ、平蔵と伊佐蔵の器の差はそれほど大きくない、、、器のサイズ的に近い立場の存在ですしね。

平蔵に甘えを許さえれていない伊佐蔵は、、平蔵にとって、わざわざ保護する必要もない、それどころか「俺と共に群れを守るために立ちむかえ!」と言う存在だと思うんですワ。
伊佐蔵の器は特別大きなものではなく、標準に近いと思うのですが、、少なくとも、有事の際に冷静に対処できるだけの器である事を、平蔵が分かっているからだと思うのですよね。

子育ての際にも、珊瑚には甘々だった平蔵ですが、伊佐蔵には必要な時には厳しかったですよ~。
、、、それは既に書いた「その子の生存率を低くしないため」だけではないんですよね。
「群れを守る力のある器」を持っている事を見越して、その能力を育てている、という事でもあると思うんですワ。

b0057675_1015115.jpg

これは、我が家のチビズに限った話ではなく、、、。
散歩コースの全ての犬友にも同じ事なんですよね。

平蔵や伊佐蔵が甘えを許している子、厳しく接してこられた子、、。
、、たくさんの犬友達と、チビズの関係を相関図にしたら面白いだろうなあと思いますワ(≧▽≦)

チビズの散歩コースは、ある意味巨大な「狩り場」=縄張りだとワタクシ思ってますので、、、、犬友はある意味群れの仲間でもあると思うんですよね。
平蔵は、なんと多くの犬友を、いつも保護しようとしてきた事か。
もう、いい加減トシなので、そろそろ引退ですけどね~、わははは!


でも、この「甘え」、、、自然界ではどうなのかなあ。
生活環境に余裕がある場合なら、見られそうな気もするけど、、。

b0057675_10162876.jpg

ミモザの実ですよ~

あ~~、なんかかなり道を踏み外してしまったような(≧▽≦;;)
また話を戻して~~~。


まあ、そういうわけで(!?)、、、こんな平蔵が、多くの犬友たちに優しい犬である事は、皆様ご存知かと思いますワ。

その平蔵。
ホントに笑えるくらい、誇示する必要のない相手に対して、わざわざ「自分は偉いんだ!」と誇示しないんですね~。
↑これを言いたかっただけなのに。


、、、あ、逆を書けば簡単で済んだかな?

器の小さい珊瑚の方が、、許可されれば、やたらと「あたちは偉いのよ!!」って主張したがる犬だというハナシを書いた方が!?
わははは!!!(≧▽≦;;;;)←おマヌケ

も~、、思いつくままに書いてますからね~、、、。

裏返せば、その必要性も無い状況で「自分が偉いんだゾ!」とやたらと主張してみせる犬は、、実際は器は大きくない。。。
勿論、多頭のトップにもふさわしくないと思う、と言う事なんですよね。

器の小さい子に支配性を許可すると、、器が小さければ小さい程、他の犬に対して「自分は偉いんだぞ!!」と主張したがるかと。

もし、我が家の平蔵がそういう犬であれば、ワタクシは、彼にチビズの長としての立場を許可しません。
また、珊瑚にもやたらと偉ぶる事を許可しておりません、、、、、「甘えを許す」犬達は許しちゃってますけどね、、、(≧▽≦;;;)

b0057675_10191146.jpg

既に上の方にも同じような事を書いていますが。
特に、多頭飼いの場合、、、その状態を故意に許している事が、群れの安定性を揺さぶる要因となるだけでなく、群れ全体の眼から見て、ワタクシ自身のボス性を疑わせる要因ともなると思うのですよ。

柴犬のように、上下関係が強い傾向にある犬種等は特に、、その群れ内に、そのトップの子よりも、実際は更に上位に位置出来る器の大きさと支配性を持った子がいた場合は、やっかいな事になる可能性は高くなるでしょう、、。

まあ、、群れ全員がニブチンさんばかりだったら、、気にしなくてもいいかもしれませんけども(≧▽≦;;)

多頭のトップに据えている犬が、必要もない状況でやたらと他の犬にエラぶっているのに気付いたら、、一度、群れのあり方や、その犬への態度を見直した方がいいかもしれませんね~。

b0057675_1020401.jpg

ここで更に余談ですが。
平蔵は犬友達に偉ぶったりしないのですが、、、それを許したくないのが伊佐蔵なんですワ~わははは!

どういう事?というと、、、。
平蔵や珊瑚に失礼な態度を取ろうとした犬に対して、「失礼な!」と反応するんですな。
まあ、シバツレをご覧の方には「ああ~」と思われるかもしれませんが、、。

ハタから見れば、それは伊佐蔵の「支配性」が平蔵や珊瑚を越えて発動しているように感じるかもしれません。
しかし、伊佐蔵自身が接する際には、それを許さないワケでは無い、伊佐蔵、、。

、、野生には、ボスの側近や教育係のような存在が居たりするようですが、、。
この側近さん達が、ボスの代わりに「ボスに失礼な事すんじゃない!」な~んて、代わりに言ってたりするんですね。
トップが偉ぶらなくても、側近がその代行をしてくれる、という、、。
、、、平蔵や珊瑚、本犬達はちっとも気にもしてないところで、伊佐蔵は、、わははは!

いやいや、、いっちゃん、家庭犬の世界なんだから、そこまでしなくても、、。と思うんですけどね~(≧▽≦;;)
まあ、現実問題としてそれは許可してませんが、、、。
彼の、その気持ちは「うんうん、いっちゃんの言いたい事は判ってるよ~」と無下にしないようにしております、、、。


懲りずに(≧▽≦)まだまだ続きますよ~。
でも、今日のところはここまでにしておきます~。
、、、相変わらず、道を外しっぱなしですが!わははは!!!


by koryu_misumi | 2013-05-09 10:24 | 犬道!!番外編-長文 | Comments(2)
Commented by くますけ at 2013-05-09 18:52 x
長文が大好物なので
今回も、大満足な上に気分が高揚してきました~。

珊瑚ちゃんの役得さと、福助の役得さが全く同じで
笑えます(爆)

球磨には過干渉になれない(依存しない)時期がありました。

病気の幸多朗がいた2年弱。
開ちゃんがいた2年弱。

それがかえって良かったようです。

今、平和な我が家では、どーしても泰蔵に過干渉になってしまいます。
物理的に過干渉なことはしていないにしても、、、、、、、

え~~え~~、もぉ~~可愛くってしょうがなくって~、
態度を意識して気をつけてても好き好きオーラがだだ漏れで、
ダメンズメーカーの本領を発揮しまくってます。

泰蔵育てはキモチの上では【蹴飛ばすくらいがちょうど良い】
と香龍さんから指摘されてるのに~~~~~。

ダメ親ですわ。。。。。。。。。

なっかなか治らないです・・・・・・・・・・・。


Commented by koryu_misumi at 2013-05-10 09:58
●くますけさん、こんちは!
弥勒ちゃんの時や、大吉の時の事も思い返してみてくださいな。
思い当る事がたくさんあるんじゃないかなと思いますよ~。
球磨ちゃん、過干渉を受けずに済んだ時期の影響もあるかと思いますが、、彼は元々、防衛能力を持ってると感じますワ(≧▽≦)

泰蔵が可愛いのはワタクシだって一緒ですよ~!!わははは!
幾らでも好きになっていいんじゃないですか~?
本気で向き合わなければならない時に、しっかり本気になって、、甘くならなれば。ね。。。ひひひ。
綺麗な境目があるわけじゃないのがミソですもんね~。
でもそれは、泰蔵を観察していれば「あ、ヤバ」と感じ取れると思いますわ。
一緒に成長するに、ふさわしい相手だと思いますよ~~。

、、てか、、「蹴飛ばす」って~!!!
ワタクシの本性をばらしてしまいましたね~~!?(≧▽≦)

あーー読者のみなさ~~ん!
ワタクシ、ほんとに蹴飛ばしたりしてませんからね~(≧▽≦)わははは!!
↑自分で書いてて嘘くさ~~い